外国産のドッグフードは安全?

外国産のドッグフードだから安全、国産だから危険ということはありません。それぞれに多少の基準の違いはありますが、品質としては変わるところはありません。
国産は犬が消化の苦手な穀物が多いから粗悪品で、外国産は犬の食性に適した肉がメインだから品質がいいといわれます。犬の食事の内容は、生活を共にする人間の食事の内容に左右されます。外国産のドッグフードが肉をメインとしているのは、それが最も安いからです。人の食品としての肉でも、国産の肉よりも、高い関税がかけられた外国産の方が安いことからも分かります。国産のドッグフードが植物性の食材や穀物をメインとしているものが多いのは、それが安く手に入り、犬に適した栄養素に換える技術があるからです。極端な言い方をすれば、ドッグフードは、犬に必要な栄養素を身体中に届けるための手段ですから、原材料がどのようなものかは関係ないということです。アレルギー対策用のドッグフードでは、外国産のものでも米を使用したものがあることからも分かります。
プレミアムドッグフードというと、品質がいいから高いと思われています。たしかに、品質はいいものもありますが、原産国で購入すれば半額ほどで購入できます。輸送費や輸入代理店の利益が含まれているから高額になっています。国産のドッグフードにも、肉をメインとしたオーガニックドッグフードがあります。価格的には日本で販売されている外国産のプレミアムフードと同等、あるいは、やや高くなります。こだわりを持って作られていますので、品質は優れています。
日本はペットフード後進国で基準が低い、質が悪いという偏見は捨てて、自分の目で品質を確かめましょう。北米や欧州などをペットフード先進国として、安全性が高いと思い込むのもやめましょう。海外では多くのペットが犠牲になった重大なリコール事件をはじめ、リコールが頻発しています。日本でも年に数件ありますが、命にかかわる重大なものではありません。ペットフード業界や各メーカーの安全性への取り組みがあるからです。
国産でも外国産でも安全性に違いはありません。愛犬のために自らが選択の目を持ち、愛犬がおいしく食べて健康でいられるフードを選んであげましょう。