栄養バランスのとれたドッグフード

元々肉食の犬は、自然界では捕らえた獲物の内臓や肉、胃の内容物を余すところなく食べることによって必要な栄養素を吸収しています。肉食動物が肉を食べることは食性に適したものであり、肉に含まれる栄養素を身体に取り入れる手段です。ドッグフードの総合栄養食は、犬に必要な栄養素を身体中に届けるために作られています。原材料が何かということよりも、犬にとって必要な栄養素が過不足なく含まれていることが重要なのです。ですから、総合栄養食を与えれば、必要な栄養素をバランスよく吸収できます。
しかし、犬に必要なカロリーや栄養素の割合などはライフステージごとに変わりますので、それに適したフードに変える必要があります。
幼犬や成長期の犬は、身体がどんどん大きくなる時期ですから、小粒で食べやすく消化にもいい、高タンパク高栄養高カロリーのフードが必要です。普通の大きさではのどに詰まらせるリスクや消化にも負担がかかります。成犬の約2倍のエネルギーを必要とする時期ですから、未発達の消化器官でも吸収しやすいように消化のいい、少量でも十分な栄養とカロリーが摂れるフードを与えなければなりません。
成犬は、成長期から成犬になるときの時期を見極め、適切な時期に成犬用のフードに切り替え、肥満にならないように気を付けなければなりません。肥満になると様々な生活習慣病の原因になりますので、適量を与え、体重管理をすることが大切です。
また、高齢になれば、活動量も少なくなり、身体の機能や食欲も低下します。この時期は、高タンパク高栄養低カロリーの食事になります。活動量は少なくなりますので、カロリーはやや少なめになりますが、身体機能の衰えを防ぎ、維持するためには十分なタンパク質や栄養が必要です。また、胃腸の機能も衰えていますので、消化性の高いフードが適しています。
妊娠・授乳期の母犬は子犬のための栄養やエネルギーも必要です。とくに、お腹に赤ちゃんがいる時期はたくさん食べることができませんので、子犬用のドッグフードが適しています。少量で栄養やエネルギーが取れ、消化性が高く消化器官にも負担が少ないものです。子犬用の離乳食も栄養補給に最適です。
総合栄養食でも、ライフステージに応じた栄養バランスのドッグフードを与えることが愛犬の健康にとって重要です。