高齢犬にはウェットフードが向いている?

高齢犬にウェットフードを与える場合は、メリットとデメリットを理解して利用することが大切です。
ウェットフードは含有水分量が多いので、水分補給に適しています。嗜好性も高いため、身体に機能の衰えとともに低下した食欲を刺激して美味しく食べてくれます。しかし、たくさん食べることができませんので、水分量が多く、カロリー量がドライフードの約4分の1程度しかないウェットフードでは、充分な栄養を補給することができません。
また、柔らかいため、消化しやすく胃腸への負担を軽減します。虫歯や歯周病で歯が悪い犬にとっては、噛まなくても食べられるために、便利なものです。しかし、噛まなくてもいいことが、顎や噛む力の衰えを促進させてしまいます。まだ、健康な歯を持っている犬にとっては、身体の機能の衰えに拍車をかけることになります。人間と同様に犬にとっても、しっかり噛んで脳に刺激を与えることは、健康を維持するためには大切なことです。
健康を維持するためには、ドライフードと上手に組み合わせることが必要です。
高齢犬用のドライフードにウェットフードをトッピングしたり混ぜたりすることで、食欲を刺激しますので、おいしく食べてくれます。ウェットフードを加える分、ドライフードを少し減らすことで、必要な栄養は充分摂ることができます。ウェットフードには総合栄養食だけではなくおかずタイプの一般食もありますので、必要な栄養を補うものなどを選ぶと、より効果的です。
消化性を高めるためには、ドライフードをふやかします。その上にトッピングしたり混ぜたりすれば、おいしく食べられて消化も良くなります。
また、ふやかし方も歯の状態に応じて調整できますので、まだ、元気な歯がある犬には芯が残る程度にすることによって顎や噛む力を維持することができます。
高齢化が進み食が細くなれば、子犬用のウェットフードを利用することもできます。少量でも栄養価が高くなっていますので、栄養補給に適しています。
ウェットフード、ドライフード、それぞれの特徴を活かし、うまく利用することが高齢犬の健康維持に大切です。